菌バランスのお話

善玉菌と悪玉菌の菌バランスを整える

kin-balance

菌バランスのお話

体内は、善玉菌と悪玉菌のバランスで成り立っています。
年齢を重ねるほど善玉菌は減少するので、外から補う必要があります。
口腔内で発見されたK12、M18複合菌は、善玉菌の一種で、外から補うことにより、
体内の菌バランスが整い、健康の維持に役立ちます。

『菌バランス』という考え方
医療現場で注目されている新発想のケア方法です。

健康な歯の秘訣は、歯ブラシを基本としながらも全体をバランスよくケアすることです。

当院では、お手入れ後に善玉菌を補給して、
口腔の良好な菌バランスを保つ方法をお勧めしています。
詳しくはスタッフまで。